メインイメージ画像

貸事務所を選択するならこだわりの条件で選択を

イメージ画像

新規の賃貸事務所を検索するなら、こだわり条件で探してみてはいかがですか。最近ビジネスが多岐にわたり、賃貸事務所も多様な種類がラインナップされています。第一印象を良くしたい企業のためにデザイナーズオフィス、ロハス風物件、高層事務所が目白押しですし、完全バリアフリーの物件など実に多様な検索ができるのです。建物の印象が事業内容に沿っていなければ違和感のある第一印象になりますから、自分たちのビジネスコンセプトを始めに事務所で体現することが重要です。

事務所の配線工事を行うのに注意すべきなのは、契約期間中でないと工事を始められないというところです。すなわち、契約した後、配線工事が終わるまでその事務所で業務を始めることができない期間が生じるということです。こういう場合は、事務所の工事が済むまで、以前の事務所と新しい事務所の家賃をダブルで払わないといけないため、かなりの費用負担になります。これを避けるために、フリーレントと呼ばれる、賃貸期間が始まってから数ヶ月間は家賃無料という建物を選ぶと二重払いを避けられます。

事務所を新しく借りるなら、バリアフリー設計になっていることは必須です。昨今、バリアフリー化はハード面だけでなく、多くの人々のマインドにも定着しているのが事実です。通常の企業であれば、事務所がバリアフリー化されているのが当然との認識も広まっています。また、せっかくのビジネスチャンスも、バリアフリーしていないがために逃すことも十分に想定されます。

幅広いビジネスを展開するためにも、オフィスのバリアフリー化を進めましょう。事務所のレイアウトを検討する時、何に注意したらよいかまとめてみましょう。事務所を使う従業員の人数やオフィス家具のボリュームは勿論、クライアントの来社は頻繁にあるのか、会議室がどれくらい欲しいのか、将来スタッフを増やす採用予定を考えているのか、少なくとも何年使いそうなのかも予め整理しておくことです。工事の請負業者は事務所の大きさと使用人数からレイアウトのひな形を沢山用意していますから、レイアウトに関する諸条件がある程度まとまったら一度見積もりヲ出してもらうとよりよいアイデアがもらえることでしょう。